当店自慢の北陸ネタ

能登・日本海の新鮮な海の幸が存分に味わえるのは、まいもん寿司ならでは。
中でも当店自慢、選りすぐりのネタをご紹介します。
自信を持っておすすめできる逸品揃い。ご来店の折は、ぜひともご賞味下さい。

のど黒

「白身の王様」と称される、とろける味わい!

のど黒

北陸では白身魚の王様と称されています。一般的には「赤むつ」と呼ばれていますが、「むつ」とは別種で「すずき」の仲間です。柔らかくて脂ものっているのでお造りでも良し、煮ても焼いても美味な魚です。

なめら

喉越しの甘みがたまらない

なめら

ハタ科の中で最もおいしいといわれる「きじはた」の地方名です。「まはた」や「あかはた」よりも岸寄りに住み、古くから漁師になじみの深い魚です。締まった身と、喉越しの甘みが魚好きをうならせる高級魚です。

白海老

美しく透き通った姿はまさに「海の宝石」

白海老

富山湾の特産品です。水揚げされたばかりの、白く透き通った小さな姿は「海の宝石」という言葉が似合います。一匹一匹、丁寧に手剥ぎしたものをご用意しております。

がす海老

北陸門外不出の希少ネタ!

がす海老

日本海の限られた地域でしか味わえない大変稀少な海老です。鮮度の低下が早いため、北陸以外ではほとんど出回りませんでした。もっちりとした食感とともに甘さが広がります(稀少のネタですので入荷が限られます)。

赤西貝

朱色に輝く「北陸のルビー」

赤西貝

七尾湾で捕れる巻貝の一種で、名前の通り赤朱色をしています。独特の磯の香りと、巻貝ならではの甘味があり、サザエのような味です。

甘えび

なんともいえない甘みととろみが秀逸!

甘えび

別名「北国赤海老」と言い、北陸では日本海の水深200〜600mのところで獲れます。透明感のある身は、甘みと特有のとろみがあり、海の恵みがここに凝縮していると言っても過言ではないでしょう。甘えび独特の軟らかい歯ごたえと共にお楽しみ下さい。